<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

デジタル化の波が・・・

National DRAGSTER にまで来ています。

e0091807_20573978.jpg

NHRA会報のNational DRAGSTER は毎週 こんな ↑ 本が送られてきていますが

最近はこれをデジタル書籍化しており、デジタル会員で登録すれば pdf 等で見られる様になりました。

e0091807_213182.jpg


本が要らなければ送料が掛からなくなるので年間$69-ポッキリってことですね。

しか-し、私のようなアナログ人間は紙じゃないと どうにも不安。

悩みに悩んだ挙句今年はデジタルと紙の両方で登録してみました。

そんな訳で今年の年会費は$180-、例年より$15-増しでした。

この2ヶ月ほどの感想としては、デジタルにはデジタルの利点があるな、と。

e0091807_21234247.jpg

[PR]
by ezlivin | 2012-05-31 21:25 | 車ネタ

R・I・P ダック・ダン

残念だ・・・

まだ70歳という若さじゃないか。


Donald "Duck" Dunn

その名を知らぬ人でも映画 "ブルース・ブラザース" を見た人は多いだろう。
e0091807_2229397.jpg


そこでベースを弾いていたのが ダック・ダン だ。(前列右端)
e0091807_22321545.jpg



私が彼のプレイで最もよく聞いた作品の一つがこれだ。
e0091807_22403877.jpg

Born Under A Bad Sign / Albert King

アルバート・キングのスタックス・レコードでのデビュー作、"悪い星の下に" 。

ここで聞けるファンク・ブルースは正しくスタックスサウンドと言えるものであり

それをベース・プレイヤーとして支えていたのが Donald "Duck" Dunn その人である。

参考までに他の参加ミュージシャンとして ドラムスにAl Jackson、ピアノのBooker T. Jones、

Memphis Horns があって、なんと Isaac Hayes もピアノで参加、スタックス・オールスターズである。

そして ブルース・ブラザース・バンドでも一緒に演っていた 盟友 Steve Cropper のギター。(写真2枚目後列左から3人目)



彼は自身のサイトでダック・ダンの死に "ベストフレンドを失った" と綴っている。

前夜まで東京で一緒に演奏していた彼のショックの大きさは如何程であろうか。


ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by ezlivin | 2012-05-13 23:30 | いつだってギリギリ

連休は久方ぶりの車作業

先ずは近況報告。

今年度から4年半勤めた職場を離れ お水関係(笑)の職に就いてます。

覚えなきゃならないことが沢山あって今はまだ落ち着かないけど楽しい職場です。  以上



さてさて本題、今年も連休前半はバドミントン中学生春季大会の引率に行き、

そして後半はもうずっと気になっていたチェロキーのリアデフからの異音を解消すべく

昨日遂にリアデフオーバーホール作業をいつものマッキナさんの工場をお借りして始めたわけですが、

デフを降ろして新品ベアリングを組もうとしたところで部品が違うことが発覚!

うちのチェロ吉君のデフにはARBというトコのエアロッカーが入っているのですが

こいつが純正とは違う専用のベアリングを使用してるとは全然知りませんでした。

ちっくしょ~、こういった4駆に詳しい人なら当たり前にわかることなのかも知れんけど

シャコタンでリア駆動がエライと思ってるオイラはその分野はドシロート。

それでも少し位は前調べしておくべきだったよなー・・・。

で、すっかり心が折れしまったところをマッキナさんが励ましてくれてとりあえずブレーキシュー交換だけやりました。

e0091807_10161931.jpg


でも心が折れてるから作業も写真もこれだけ。

そんな訳で昨夜は部品の手配、ベアリング2個とマッキナさんの勧めでリングギア&ピニオンセットもオーダー。

その他スモールパーツ類と ついでにショックも4本、まだまだ心の凹みが治らないのでアクセル社のIGコイルとMSDも。

これでようやく立ち直りました(笑)

業務連絡:マッキナさん>例のピッグテイルもオーダー入れときました。


さて、今日はチンクの作業をやりましょうか・・・。

e0091807_10324392.jpg


マッキナさん、今日もお世話になります。




----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

バドミントン部通信(笑)

4月の第3・4土日で春季大会スガワラ杯がありました。

男女共に全市大会に出場して結果は団体女子がベスト4で団体男子準優勝!

男子は初戦敗退でも仕方ないと思っていたけど新3年生にも意地があったのでしょう。

っていうか ウチのエース、2年生なんだけど コイツが凄すぎ。

中体連までに札幌の1番手に追いつくことが出来るかな・・・。

女子は俺が審判にしっかり言うこと言ってりゃ優勝もありだったかも。

翌日の個人戦の日に子供たちに詫びたら、『あれでよかったです』と逆に慰められた。

みんな凄くチカラをつけてくれて、ホントに戦えるチームになったものだと思った。

『俺だけが自信が足りないのかも』 とさえ感じた、が・・・

個人戦ではまだまだ技も力も足りないということを思い知らされた。

がんばれ、おれのモ・クシュラたち。


[PR]
by ezlivin | 2012-05-04 10:44 | 車ネタ