<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

英語コンプレックス?

とある方のブログを拝見して 懐かしい冗談話を思い出した。

ネタ元は N.Y ヤンキース広報の広岡勲氏による ヤンキースに移籍した当時の松井選手に関してのコラムである。


ヤンキースタジアム内のクラブハウスにて
ある一枚の写真を前にジーター、ジアンビ、Aロッドが腹を抱え笑っていた。
その写真には松井選手と当時のトーリ監督、そしてクリントン前大統領が写っていて
アングル的にはクリントン氏が握手を求め松井選手が右手を出し トーリ監督が微笑む、といったところ。
このごく普通の記念写真に誰かがユーモアあふれるコメントを書き足していた。

松井: Who are you? (あなたは誰?)

クリントン氏: I am Hillary's husband, and you? (ヒラリーの旦那だよ、君は?)

松井: Me too. (俺もです)

トーリ監督: Jesus Christ Matuu!! (何てこった、マツー!!)

かなりキツいジョークですが 試合前のヤンキースナインを爆笑の渦に巻き込んだようです。

で、松井選手は犯人探しに出るわけですが しばらくしてポツリとつぶやいたそうです。

『あのジョーク、聞いたことがあるな・・・。』 と。

後で発覚したのですが、 "犯人" に このジョークのネタを授けたのは日本の報道陣だったようです。

何処まで本当かわからないのですが
以前、来日した クリントン大統領に、当時の森首相が
" How are you?" と挨拶しようと フレーズを暗記したのだそうだが
しかし、クリントン大統領を前にして 思わず慌ててしまって あのような会話がなされたと、
まことしやかに伝えられているのだそうだ。


と、だいたいこんな感じです。


さて、日本人の中には 松井選手やイチロー選手などの海外で活躍している人に対し

過剰なまでの期待を持ち、超人的なヒーロー像を 作り上げている人がいるようですね。

ニュース番組なんかでもコメンテーターなる輩が

『イチローが流暢な英語でコメントした』 とか・・・。

で、そのイチローのコメントを聞いてか聞かずか 知らないが

イチローは英語ペラペラなんだよ、となる・・・。


俺が尊敬する野茂さんの言葉で

"アメリカに来たのは野球をやるためで、英語を話す為に来たのではないですから"

ってのがあります。

別に、これで良いんじゃないですかね、それで いける 人は。

そもそも 英語話せる人は世界中にたくさんいるけど
メジャーリーグとか、世界のトップで仕事できる人なんて僅かなんだから
母国語以外の言語をしゃべられない事をそんなに恥じる事は無いはずで、
それなのに 一部のファンとかがまるで的の外れた "気遣い" をしたり・・・。

英語コンプレックス、もちろん俺も持ってるけど

だからって 言うわけじゃないけど

流暢な英語を話せないって事より、話す内容が無いって事の方が、恥ずかしいんじゃないですかね。

そういう観点からすれば、松井選手はじめ 皆、フィールドで雄弁に "語って" いるんじゃないですかね。


この記事は、subenukeyさんの 笑えるNY都市伝説を元に 自分なりの感想を述べてみました。
[PR]
by ezlivin | 2011-05-17 20:27 | いつだってギリギリ

アンコールワット

からの手紙。(笑)

先輩の S氏が仙台の被災地での業務を終えて奥様を連れてカンボジア旅行に出た。

写真は現地からのメールより。
e0091807_17474512.jpg

うらやまし~ぞ~。


さて、私はこの連休 何をしていたかというと 4/29.30 はバド部の全市大会出場の引率

男子団体はこのチームになってから初の負けを喫しました。

本人達も本気で優勝するつもりだったのでしょう、もう みんなガン泣きで

キャプテンは個人戦の次の日の朝も 目を腫らして来ました。(笑)

しかし 中体連に向けての 良いクスリになったと思えば・・・。

男子個人の成績は シングルスのキャプテンがベスト8、ダブルス一組が3位と
中体連では全道大会に出場できる可能性が高くなったと言えるでしょう。
特にダブルスは全国大会も視野に入ってきたのではないでしょうか。

今年 全道は旭川、全国は滋賀県大津市 と暑い所なので 暑さ対策も必要かな。f(^^)

これに対して女子は団体 個人 合わせて 一勝しか出来ず ちょっと残念な結果。

いや、ラケット持って一年しか経っていない2年生が中心のチームとしては
全市大会に出場しただけでも立派なのかもしれないが・・・。

そして 次の日からは 早速 この悔しさを晴らすべく 一日も休まず練習。

今年卒業した子達も練習相手に駆けつけてくれました。(大感謝)



部活以外では 前回紹介の8角レンチ作りをして、

あと RAPS さん訪問してきました。

確か ’95年のストリート・カー・ナショナルズ 札幌 というイベントに出場したとき
特別賞として GRANT の白いステアリング・ホイールを頂いたことがあります。

その時以来の訪問なので16年振りでしょうか・・・。

RAPS さんでは 懐かしい話や現在の 札幌の HOT ROD シーン など面白い話を聞かせて頂き

小一時間ほどお邪魔して、帰りにはなんと 18thストリート・カー・ナショナルズ 札幌のDVDまで頂きました♪

感謝、感謝!

この時 購入した FlyWheels誌、なかなか興味深い内容がありました。
e0091807_18433138.jpg



土曜日の夜は 白石 わさび

福島の蔵太鼓 純米辛口と 埼玉の神亀 などを嫁さんと二人で一升+生ビールX3 呑んで来ました。
e0091807_18495596.jpg

豚ザンギもサイコーでした。

帰りに桑園で もう一杯、 久しぶりに O氏のお蕎麦を頂く、旨し!
腕良し、顔良し、気風良しの板さんです。
e0091807_19165462.jpg



最終日は 当別町へ、ふくろふの湯 に行ってきました。
e0091807_18564638.jpg

日没近い雨降りの中、 他に誰もお客さんが入っていない露天風呂は

いまにも 妖怪が出てきそうな雰囲気で とても好かった。

帰り際の管理人のお姉さんとのおしゃべりも楽しくて

とってもいいお湯でした。

はぁ~ ビバ ノンノン♪
[PR]
by ezlivin | 2011-05-10 19:08 | いつだってギリギリ

わすれがちなこと

今日、右のリンク欄に ハナサケニッポン というサイトを追加しました。

ちょっと前には 東北のお酒を応援する記事も書きました。

そして 最近は 日本中で 積極的に 東北を応援しよう、 という雰囲気がありますね。

とても良いことだと思います。


が しかし、 被災したのは 東北だけじゃなかったんですよね。


北海道でも 太平洋側の漁業関係者は大変な被害を受けていますし、

関東でも あちこちで 大きな被害を受けているところがあるようです。


関東・・・

札幌なんかに住んでると ちょっと遠いところなんですよね。

一ヶ月ほど前に 福島にお住まいの いくおさんのブログを紹介しました。
こちらも右側にリンクを貼っています。

で、この いくおさんのブログを知ったのは そもそも
フラッグスタッフ・カフェ のマスターのブログを見たからなんですが

そのマスターの母校、千葉にあるそうなんですが、 グラウンドが液状化を起こしてしまったようです。

埼玉辺りでも同様の被害を被ったところは多いようです。

液状化による被害、当然 家屋にも深刻な被害が出ているはずです。

こういうのって、ほとんど報道では見かけないですよね? 少なくとも札幌圏では。

補償とか、支援とか どうなってんですかね・・・。


とりあえず 私は

千葉県産の 茹で落花生を アテに

埼玉の極上の酒、 神亀 ひこ孫 で一杯やることにしましょう。
e0091807_19434979.jpg



オマケの画像は 今日の作業

いつもお世話になってる ハッピーさんのオーダーで8角レンチ削正。
e0091807_1946197.jpg


明日には持っていけるでしょう。
[PR]
by ezlivin | 2011-05-04 19:50 | いつだってギリギリ

そして今年も5月2日はやってきた

昨日 5月2日は キヨシローさんの二回目の命日でしたね。

今 キヨシローさんは かつて自分が歌った歌が

こんなかたちで注目されてる事を 非常に残念に思っているでしょうね…。


さて、もうひとつ 5月2日といえば 野茂英雄さんのメジャーデビュー
私にとってこれ以上の思い出はありません。

1995年の5月2日
この日 野茂さんは S.F ジャイアンツ戦 のアウェーゲームでメジャー公式戦デビューしました。

もともと野球に興味の無い私は 近鉄時代の野茂さんのことは
名前とその個性的な投球フォームは知っている、という程度のものでした。

しかし 95年の オフ に 近鉄との契約がうまくいかず メジャー行きを決意したとき
マスコミは彼を徹底的に叩きました。

私は ジャンルは違えど 同じアメリカに夢を持つ者として 単純に彼の挑戦に心が躍りました。

そして この年の2月、日本国内では 期待と 少しばかりの悪意が入り混じった奇妙な空気のなか
ついに 野茂さんは L.A ドジャース へ入団することになりました。


この前の年、メジャーリーグは選手会による大規模なストライキがあり
MLB はキングオブスポーツの座から落ちようとしていました。

そこへ日本のスター選手が国内での地位と年棒を捨て
そして家族と離れてまでアメリカにやってきて勝負する。
ということに 多くのアメリカ人が注目し そして期待していました。

たしかこの時の野茂さんの契約年棒は1000万円以下、
彼の近鉄一年目に次ぐ低い契約だったと聞いています。


その後 全米を席巻したトルネード旋風は皆も憶えていることでしょう。

この年28回登板して13勝6敗、奪三振は236でリーグ首位。
6月のリーグMVPを取り、オールスターゲームに先発、リーグ新人王にも選ばれました。

MLB通算成績 323試合 123勝109敗 1918個の三振を取り
2度の奪三振王となり、2度のノーヒットノーランを達成する。
e0091807_19103370.jpg

この写真は数ある野茂さんの写真の中でも私が最も好きな一枚。
フォトグラファーの西山和明さんの手によるものです。
[PR]
by ezlivin | 2011-05-03 19:28 | いつだってギリギリ