<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

チャオプラヤー川で

ボートを貸切してみました。
この日はウチの優秀な秘書、Tちゃんがお休みを取ったので
(友人に会うために我々とは別行動でした)
交渉ごとを自分達でせねばなりません。
最初は2000バーツから始まり、1000じゃなきゃ乗らないと言うと、
じゃあ1500でどうだ!?、え~い、1400!
で、交渉成立。

本流から外れて小さな運河に入って行くと民家がひしめいていました。
e0091807_0161142.jpg

目的はこれ、ワット・アルン 暁の寺。
三島由紀夫フリークの嫁さんのリクエストでした。
e0091807_0164187.jpg

しかし、俺が気になったのはこれ.
e0091807_0172465.jpg

次回に続きます。
[PR]
by ezlivin | 2009-03-31 00:21 | タイ旅行記

サービスショット

ヒンダー温泉 ってのに入ってきました。
戦時中に、日本軍が発見したという露店風呂の温泉です。

写真は傍に流れている川で涼むロシア?女性達。
本日のサービスショットです。(笑)
e0091807_18323192.jpg


最近パソに向かうのが面倒で今回も手抜きです。(爆)
しかも嫁さんの撮った写真を勝手にいただきました。

e0091807_1840841.jpg

e0091807_18402183.jpg


次回からはバンコク編を予定してます。
期待してる人はいないと思うけど・・・。
[PR]
by ezlivin | 2009-03-22 18:41 | タイ旅行記

モータートーイ 見~つけた♪

ちょっと懐かしいメイド・イン・ジャパン。
e0091807_213053.jpg

'70s 後半辺り?のトヨタ・クラウン。
レクサスのエンブレムがイカシてますね。(笑)
リアが少し上がっててホットロッド風?
e0091807_21311100.jpg

カメラを向けられたドライバーはちょっと得意気でした♪
[PR]
by ezlivin | 2009-03-18 21:01 | タイ旅行記

泰緬連接鉄道 #2

タムカッセ駅より乗車、出ると直ぐにこの木製桟道橋を渡ります。
e0091807_22114541.jpg

『アルヒル桟道橋』とか『Wang Pho Bridge(ワンポー橋) 』として
知られているこの橋は、現地では『Thamkra Sae(タムカッセ)』
と呼ばれているようでした。
建設当時の面影をとどめるこの木製鉄道橋は今も現役。
観光客の為ではなく、安全確保のために列車はこの橋を
ギシギシと音をさせながら時速5㎞程で通ってゆきます。
e0091807_22253659.jpg

車内は大勢の観光客の他に地元の学生達が多く乗っていました。
e0091807_2226255.jpg

この幸せな光景がいつまでも続くように・・・。
e0091807_22261673.jpg

[PR]
by ezlivin | 2009-03-10 22:29 | タイ旅行記

泰緬連接鉄道 #1

連合軍側からは "Death Railway" と呼ばれた旧泰緬連接鉄道。
建設機械がほとんどない中、大勢の捕虜を含む人海戦術で工事が行われ
死者7万人とも言われる犠牲者の多くが赤痢・コレラ・マラリアの蔓延、
さらには旧日本軍による虐待によって命を落としたと
ヘルファイヤー・パス・メモリアル博物館にはありました。
まぁ、日本人的には肩身の狭い場所だぁね。
写真は最も過酷な工事現場の一つと言われた
『コンユウの切り通し』(ヘルファイヤー・パス) 跡。
e0091807_2156835.jpg

e0091807_21562158.jpg

ここを見学した後、ディーゼル・エンジンの音も勇ましい列車に乗車。
e0091807_21564431.jpg

[PR]
by ezlivin | 2009-03-10 22:08 | タイ旅行記

『戦場に架ける橋』 クウェー川鉄橋を歩いて

第二次大戦中に旧日本軍が通した泰緬鉄道(タイービルマ鉄道)
の一部はタイ国有鉄道ナムトク線として今も現役で使われていて
日に上下3本の列車が走っているそうです。
『戦場に架ける橋』で有名なクウェー・リバー・ブリッジのオリジナルは
戦時中に破壊され、その後の日本の戦後賠償として架け直されたそうです。
e0091807_19384250.jpg

ホテルのフロントで橋を歩いて渡れると聞いたので行ってきました。
ホテルからは10分ほどの場所です。
徒歩で鉄橋を渡る観光客や地元民が多くいました。
e0091807_19391353.jpg

列車に喜ぶ子供たち
e0091807_19393525.jpg

ミャンマー(旧ビルマ)国境の向うに沈む夕日。
e0091807_19395059.jpg

[PR]
by ezlivin | 2009-03-07 19:41 | タイ旅行記

タイガー テンプル

トラや~!♪
e0091807_1626015.jpg

写真の黄色い服のボランティアに手を引かれて1人ずつトラのいる所に
連れて行かれて腰を下ろしてカメラを預けてパチリ、というのを
数回繰り返して終わりなんだけどトラに触れることができるだけで感激。
e0091807_16261791.jpg

観光客も多かったけど外国人ボランティアも多かったよ。
e0091807_16263069.jpg

子供のトラの仕草は子供の猫のまんま。
毛は大人に比べると柔らかかったけど想像してたより固かったな。

場所はカンチャナブリ駅近くの"GOOD TIMES TRAVEL AGENCY"
から40km 弱、45分ほど走って到着。
入場料は500B/1人、寄付も募っていました。
http://www.tigertemple.org/Eng/index.php
[PR]
by ezlivin | 2009-03-01 16:28 | タイ旅行記

カンチャナブリに出発 ~

9時に予約の車 がホテルに迎えに来てくれて出発。
車は真新しいトヨタ・ハイエースのデカイやつで運良く俺達だけの貸切。
この運転手さん、詳細なホテルの場所を知らなかったようで途中
カンチャナブリの町に入ってから"GOOD TIMES TRAVEL AGENCY"
という小さなツアー会社に寄って聞いてましたが、そこからホテルまでは
5分くらいの所で、結局予定より15分早い11:15頃到着。
凄く飛ばしてたんだけど丁寧な運転だったのでスピードを感じることなく
快適でした、タイのドライバーは上手な人が多いと思ったな。

カンチャナブリの宿はフェリックス・リバークワイ・リゾート
写真は夕方にホテルから見たクワイ川(クウェー川)
映画で有名な“戦場にかける橋”が徒歩圏内という好立地ホテル。
e0091807_10204675.jpg

カンチャナブリでの目的はタイガーテンプルと泰緬鉄道。
チェックイン後 "GOOD TIMES TRAVEL AGENCY" で貰った
パンフレットにちょうど良いツアーが載っていたので、
この日の午後と明日参加するツアーを申し込みに行きました。
その後、直ぐ近くの小さな食堂でお昼ご飯を食べたんだけど
ここがなかなかに美味かった。
ただ鍋が一つしか無いのか?一品ずつ調理しとったけどね。(笑)

14:00 タイガーテンプルツアー出発。
エアコン無しのバスで130B/1人、こんなん来ました~。
e0091807_10214177.jpg

これに運転手入れて12人乗車、満載です。
Tちゃんは運ちゃんに気に入られたようで助手席に。(笑)

タイガーテンプル到着~♪
e0091807_10221466.jpg

いよいよトラとご対面!
[PR]
by ezlivin | 2009-03-01 10:45 | タイ旅行記