<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

マルニを煮る焼く~其の3

あんまりお金は掛けないように、と思ってはいるけれど
既に予算はオーバー気味・・・。

『ホイールは手持ちの15インチのBBSを使用しましょ。』と
最初から決めていたけど、コイツは 114.3 の5穴のホイール。
知ってる人は知ってるけれどマルニは 100 の4穴。
穴あけ加工が必要です、車体側を加工しましょう。
e0091807_1641221.jpg

オフセット40mmのホイール、あと15mm~20㎜位外に出せそうですね。

で、先週末 この穴あけ作業中にアクシデント発生。
左側後部のアクスルシャフトからハブフランジが外れません。
ノーマルエンジンにスプラインを捻らせる程のパワーがあるとも思えんし、
いったいどうしたと言うのでしょう。
プーラー掛けて、ガスで炙ってバコバコ叩いてもビクともしませんでした。
結局この日は右後ろ足だけ作業して終了、けっこう凹む。

ハブとシャフト、新品はいったいナンボするんだ?
そいやマッキナさんの知り合いに部品取りのマルニがあるって言ってたな。
等と考えながらその日の晩、ナニゲにヤフオクを見ているとなんと、
マルニのリアアクスルがトレーリングアームごと出品されているじゃない!
流石ヤフオクというべきか? 地獄に仏?
送料込みで ¥14540 なり。
まぁ、安いと思わねばなりませぬな。(-_-メ;)

物は考えようで、リアもディスクブレーキ化する予定だったので
全ての加工作業終わらせてから、トレーリングアームごと
交換してやれば作業効率もよさそうです。

そんなこんなで今はこの部品待ちですが、
今日から火曜まで礼文島に行って来るので続きの作業は来週。
頭冷やすにはちょうど良いお休み・・・。

下の写真はブリッツ製のV-is 、FC3S用リアショック。
e0091807_936492.jpg

スプリングとスプリングシート等余計なものは取っ払って
マルニのボルト径に合わせてロアブッシュを作って圧入。
スプリングはノーマルのままとりあえずセットしました。
かなりシャンとなりましたよ。

いつも時間に追われて作業するため写真が少ないです。
落ち着いたらあらためて撮影しますので
お好きな方は待っててください。(笑)
[PR]
by ezlivin | 2008-06-28 09:52 | 車ネタ

これ、いいね

GNARLS BARKLEY / ST.ELSEWHERE
e0091807_22513944.jpg

2年前、2006年発表作、最近のお気に入りです。
シー・ローが歌ってんすね。

ん? '06? (笑)

その40年前、'66 こんなのが出ました。
俺と愛車コロネットの生まれた年、ニール・ヤングがギター演ってた
BUFFALO SPRINGFIELD
e0091807_2252236.jpg

"FOR WHAT IT'S WORTH" は HIPHOP系の方達の元ネタでよく知られてますね。

'76はやったんでパスして・・・。(笑)

'86はこれ、FISHBONE の "IN YOUR FACE"
e0091807_22522178.jpg

最近のはちょっとキツいんですが大好きなバンド。

最後、'96は SUBLIME のメジャーデビュー作でラスト。
e0091807_22523986.jpg

奇しくも"IN YOUR FACE"とプロデューサーが同じですね。

マルニの作業が思うように捗らなくてこんなんでお茶を濁す・・・。
[PR]
by ezlivin | 2008-06-24 22:54 | いつだってギリギリ

巨神兵 喜ぶ

先日、父の日でありましたが俺はこれまでプレゼント
という物を送ったことは無かったのですが結婚して以来、
嫁さんが気を使って母の日、父の日プレゼントを贈ってくれています。

そして今年の父の日プレゼント、かな~り奮発しました。
仲良しの洋服屋さん、オルセーさん で買ったインディアンのTシャツ。
肩幅が異常に広いジーサンには白いTシャツはきっと似合うだろうと・・。
e0091807_8571594.jpg

日に焼けた黒い顔に白髪頭、レイ・チャールズ似のジジイ。
この親父のDNAを少しでも受け継いでいたら俺も少しは男前だったはず。
母のDNAのKO勝ちだったようです・・・。(-_-メ;)

更にオレセーさんでは A.KURTZ のオレンジ色のデニムを買い、
その後ゼビオでリーボックのスニーカーまで買う。
お買い物モードのスイッチが入ってしまったようです。

お金は使いましたが、巨神兵も大層喜んでくれました。
あ、ウチの嫁さんは親父のことを "巨神兵" と呼ぶんです。(笑)
それにしても、パンツもTシャツも想像以上に似合ってました。
あんまりカッコ好くて俺まで嬉しくなってしまいました。

なかなかに香ばしいジジイ、70歳です。
[PR]
by ezlivin | 2008-06-19 09:05 | いつだってギリギリ

マルニを煮たり焼いたり ~ 其の2

DR30用ストラット流用といってももちろんポン付け出来る訳もなく。
おのずとワンオフの加工物が多くなります。
e0091807_18224857.jpg

上の写真はマルニのロアアーム部分。
ここにDR30ストラットを組む為のスペーサーがこれ 。
e0091807_1823162.jpg

左側がロアアーム側に付く方で右がストラット側。

そもそもオイラは機械工なのでこの手の作業は全て自分でやれるので
こんなふざけた改造も材料代だけで済んじゃうんです。

10代の頃、師匠から怒鳴られ小突かれしながら憶えた仕事。

今は感謝してますよ・・・。
[PR]
by ezlivin | 2008-06-14 18:24 | 車ネタ

Made In 1976 其の3

ニール・ボガードっておっさんが立ち上げたレコードレーベル、カサブランカ。
その第一号アーティストが KISS な訳だけどその後 ドナ・サマーや
Y.M.C.A で有名なヴィレッジ・ピープル等と契約してディスコ色が強くなる。

そんな中このブログの名前の元ネタになってるファンク界の怪物、
パーラメンツとも契約を交わし、1976年にリリースされたのがこれ。
"The Clones of Dr. Funkenstein"
e0091807_22574985.jpg

怪物 ブーツィー・コリンズが参加してブイブイいってる頃ですが
やっぱりこれもモノ凄いジャケですな。
カサブランカ繋がりで聞いて以来 ファンカ~パーラ は俺には特別なバンド。

一方 ブルース界では JOHNNY WINTER がライブ・アルバムを発表。
e0091807_2311021.jpg

このおっさんは今でもこれっぽちも枯れることなくギンギンの
弾き倒しギター・サウンドを聞かせてくれています、御歳 64歳。


このシリーズ最後はジャマイカの Bob Marley で締めることにしましょう。
"RASTAMAN VIBRATION"
e0091807_2313198.jpg

バニー・ウェイラー、ピーター・トッシュが脱退後のアルバムで
その影響はやはりあるんだろうけど、それでもやはり
ボブ・マーリーには一つの駄作もない!
この年ボブは撃たれて重症を負うことになる。
[PR]
by ezlivin | 2008-06-11 23:08 | いつだってギリギリ

マルニを煮たり焼いたり ~ 其の1

先ずは足回りの改造から。

『今度の足は』 で書いたように前足&ブレーキは壊れていたので
こいつを直さねばなりませんが、新品ノーマル部品を買うのも
なんだか癪なんで改造することにしました。

写真右はDR30型スカイラインのストラット (左がマルニ)。
今回はコイツを流用することに決定しました。
偶然にもキングピンの位置がDR30の方が低かったので、マルニの
ロアアームとDR30ストラットの間にアダプターを咬ますのに好都合でした。
e0091807_2019935.jpg

あとこれも偶然だけど若干ネガキャンが付きそうですね、
これも見た目にカッコ好いのでラッキーです。(笑)

更に自由長もマルニの方が長いのですがDR30のアッパーマウントが
結構厚いのとアダプターの厚みを合わせるとほぼ同じ長さに。
ビルシュタインの倒立ショックが手に入りました、カッコ好いです~。
e0091807_202212100.jpg

以前友人の為に作った車高調キットが帰ってまいりました。
今回はこれに5.3kg.mm のスプリングを入れてみましょう。
e0091807_20222498.jpg

タイロッドとドラッグリンクは仕方ないので新品買いました。
ホントはノーマルのギアボックスはブチ捨てて FD3S型 RX-7 の
ラックアンドピニオンでも流用しようかとも思ったんですが
スペース的にちょっとキビシそうですね、後回しにしましょう。
[PR]
by ezlivin | 2008-06-09 20:27 | 車ネタ

1976年~其の2

e0091807_21193581.jpg

Bavarian AutosportってアメリカのBMW専門のパーツ屋さんでオーダーしたヘインズのマニュアル。
大改造するにしてもノーマルの事全然知らなきゃ始まんないしね。

さて " ’76年のロック" の続きもやりましょう。
今回はイギリスとオーストラリアを代表するハードロックバンドを。
先ずは英国から "JUDAS PRIEST"
e0091807_21565842.jpg

『ユダヤの司祭』 なんてバンドの名前にするかねぇ、普通・・・。
ヘヴィメタ化する以前の彼等の代表作 "SAD WINGS OF DESTINEY"
おどろおどろしいっすね。
昔は良く聞いたものですが今じゃまるで聞けません、残念。(古!)

お次!
AC/DC の "DIRTY DEEDS DONE DIRT CHEAP"
e0091807_222434.jpg

これ、日本盤はジャケが違うんですよね。
ジャケもイカしてますが中身もサイコーです。
ジューダスと比べると超シンプル、直球なサウンド。
前回のエアロ、キッスと比べてさえも剛球ぶりが際立ちます。
BON SCOTT 在籍時の AC/DC に駄作なし!
[PR]
by ezlivin | 2008-06-03 22:15 | 車ネタ