<   2008年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

カレラ

今回の旅行で楽しみにしていた事のひとつ、カレラのワイナリー訪問。
e0091807_20555353.jpg

以前 L.Aダウンタウン、ビバリーヒルズ近くの酒屋で勧められて
2003年のヴィオニエールを買って以来のお気に入りワイナリーです。
最近リリースされたばかりの2005年はカレラがヴィオニエを作り始めてから
30周年記念のヴィンテージのようで記念の年に相応しい出来でした。
$28だったこのワインは2本買って滞在中に飲みきって来ました。
その他いろいろテイスティングしてきましたがその中でも
"2002年ミルズ" と "2002年ライアン" (共にピノノワール)
というのがとても美味かったので買ってきました、それぞれ$43と$40。
いずれもワインスペクター誌等で90点オーバーだそうです。

カレラのある町、ホリスターはサンフランシスコから南へ160Km位、
’70年代に干草産業で大きくなった町だそうでオールドタウンに僅かに
昔の姿が残りますが最近は成功した人達が豪邸を立てて
移り住みだしている様で、それはカレラ等のワイナリーが多く並ぶ通称
『ワイントレイル』 と云う通り辺りに集中しているようです。

テイスティングルームには楽しいメタルワークが幾つも飾られていました。
日本のインポーターのお土産かな?着物を着たボトルもありました。
e0091807_20565596.jpg

担当者のお姉さんがとても気さくな方で大変楽しい時間を過ごしてきました。
彼女が派手なハーレーダビッドソンのTシャツ着てたので自然とバイクと車の話になり俺のUSA移民計画の話をしたら非常に喜んでくれました。
その後、上階にあるメッチャお洒落なオフィスの方も案内してくれました。
日本からの個人オーダーも受けてくれるそうだし、会員になると
年間数本のワインが配布されるので、移住したら会員にならなきゃ。

兵庫県からだったかな、酒米農家の方達?がやって来たらしく
男性用トイレに『日本一の山田錦作付け面積をもつところ』ってなことが
書かれた田園地帯の航空写真のポスターが貼られていました。

e0091807_20571719.jpg

ワイナリーなんて生で見たのは初めてだけどぜんぜん工場っぽくなくて。
オフィスは凄くお洒落だったけどテイスティングルームはボトリング済みの
ワインにラベル貼ったりダンボールに詰めたりする場所の一角っていうか
隅っこで、なんか 『手作業』 って感じでした。
[PR]
by ezlivin | 2008-01-31 21:20 | going to California

世界の ROTOR HEAD 達

リベンジはまだまだ先になりそうなのでまたしても人の褌で相撲を。

先ずはオーストラリアのCase のRX-2、カペラロータリーってヤツだね。
ノーマルは12Aが載ってる車なんだけど13Bペリにしたとか言ってたな。
Caseとは日本の車雑誌の "オプション" 等と AUSの車雑誌
"FAST FOUR & ROTARIES" 等を交換したりしてたし、こいつホントに
ロータリー狂いなのかストーカーの様にメール送ってきてたけど最近すっかり
ご無沙汰なのは俺が既にROTOR HEADじゃないからか?!(爆)
e0091807_21131828.jpg


次もAUSから Brett のRX-4 、日本のルーチェ/コスモのロータリー車。
12Aエンジンをターボチューンして載せているそうです。
Brett はこの他に13B を載せた RX-2 に R100、これは
ファミリア プレストロータリーってやつですね、も持ってる日本車マニアです。
日本じゃ FC3S 型 RX-7 が解体屋でさえ見なくなったのにな・・・。
e0091807_21135178.jpg


こいつはニュージーランドの WINSTON のMAZDA616 '75年式 。
日本ではカペラだった車なのでレシプロ4気筒エンジンが
載ってる車なんだけど WINSTON は13Bを載せたそうです。
まぁRX-2(日本名カペラロータリー)と同じボディだからどうって事は無いね。
ただ彼は616ってのにこだわりがあるらしい。(笑)
エンジン以外はノーマルだそうで彼曰く、RX-616なんだそうです。
e0091807_21141344.jpg


最後にL.A から Jay の後期型SA22C の RX-7GS 13B搭載車です。
e0091807_21143768.jpg

強化スタビとレーシングビート製のIGコイル以外はノーマルだそうです。
バックの壁のペイントがいかにもL.Aって感じですね。
ライトブルーメタにメッシュのホイールは15インチかな?
L.Aの強い日差しの中でとても似合いそうだな。
引越したら通勤用にSA探そうかな・・・。
[PR]
by ezlivin | 2008-01-30 21:27 | 車ネタ

ブリッジポート

ブリッジポートって名の村です!
タイオガロードを抜けて北に向かって少し行った所。
e0091807_21424100.jpg

実はこの村には'99年に一度来たことがあるんだ。
この看板には POP 843 (人口843) て書いているけど9年前は
500って書いてた、もっと過疎が進んでいると思っていたのにな、
ちょっと意外だった。(ELVE6465=標高約1959m)

"ブリッジポート" って、分からない人には何のことかさっぱりですね。
ロータリーエンジンの吸気のサイドポートのチューニング方法の一つで、
ポートの形状を橋が通った様に削ったものをブリッジポートと言います。
e0091807_21433431.jpg

基本的にはレース用のチューニングだね。
今時はターボチューンした方が全然音も静かでハイパワーっす。

以前紹介した初代RX-7に乗っていたとき(15年位前)に
師匠が組んだ13Bブリッジを借りて載せていたことがありましたが
ペリポート程じゃないけど凄い爆音だったよ。
シャシダイナモで280馬力位出ていたそうな、流石だね。

ちなみにペリポート(REメカチューンの最高峰)ってのはサイドポートを
金属ボンドで埋めて、代わりにローターハウジングにデカイ穴をあけたもの
e0091807_21435688.jpg

これは自分で加工したハウジングだったけど 。(試作品だけどね)
あのRX-7は "組み”がイマイチだったのかなぁ。
パワー的にいまひとつっていうか、パンチが無かったなぁ・・・。
いつかリベンジしなければ。
[PR]
by ezlivin | 2008-01-29 22:08 | 車ネタ

ジャイアントセコイヤの木

タイオガロードに入って直ぐの所の Toulumne Grove って
ジャイアントセコイアの森林を2時間弱歩いてきました。
トレイルコースを入っていくとこんな感じでマイナスイオンたっぷりって感じ?
e0091807_2056668.jpg

更に奥に進んで行くとありました、ジャイアントセコイア。
e0091807_2056203.jpg

って、枯れてるように見えるんですけど・・・。

気を取り直して更に進む。
e0091807_2057321.jpg

トンネルツリーと言うのだそうです。
しかしこれって人工物と違うの?

解説しよう。(ヤッターマン風で)
セコイヤの森の生態系が解明されたのは近年の事らしく過去には
森林破壊も多く行われていたそうで、このトンネルツリーも
19世紀に行われた暴挙としてあえて残しておいているらしい。

さて、公園内の注意書きによると年間数百件もの熊による被害があるそうで
駐車場に車を止めるときも絶対食べ物を入れたままにするな、との事。
匂いのする石鹸なんかでも食べ物と勘違いして荒らされる事があるらしい。
人の食べ物を食べるようになった熊は殺さなければならないらしく
2000年にはヨセミテで5頭の熊が殺されてしまったそうです。
これは 『熊による被害』 ではなくて熊からみた 『人による被害』 だな。

あと制限スピードを守りなさい、と。
年間数十件の熊との事故、数百件の鹿との事故、
その他の動物は数え切れない程車に轢かれているそうです。
今回はちゃんと安全運転してきました。(爆)

土砂崩れや落石にも注意しろとあったけどどう注意したらよいのでしょう?
4年前は普通に通れた道路がとても大きな土砂崩れを起こしていて
片側通行の迂回路を通してあったけどちょっと怖かったな。
復旧作業は殆どされていない様子だったけど
自然のままにしておこうと言うことなのかな・・・。

最後に、ヨセミテにはマウンテンライオンと呼ばれる
山猫の一種?が住んでいるらしく、滅多には無いことらしいけど
でももし、襲われたその時は。
『Fight Back!』とガイドブックにありました。(笑)
[PR]
by ezlivin | 2008-01-28 21:42 | going to California

ヨセミテ国立公園 その3

トレッキングの後は川遊び、気持ちよかったです。
e0091807_1921686.jpg

ヨセミテは何時間いても何日いても飽きることのない場所でした。

ヴァーナルフォールってトコにトレッキングしに行った時
カリーポイントという所の駐車場に車を止めたんだけど、
車から降りた所で後ろからかなり大型の犬に追い越されて
少しびっくりしたんだけどよく見てみると様子が全然違う。
なんと彼は犬じゃなくてコヨーテだったんだよ!
ちょっとびびったけどめっちゃ嬉しかったー。

さてヨセミテ最終日は唯一公園を横断できる道路、
タイオガロードを走り抜けてモノレイクに出ました。
e0091807_19214270.jpg

このヨセミテ東側入り口、タイオガパスでは標高3000mを超えます。
10月中には封鎖されてしまい春が来るまで通る事が出来なくなります。
e0091807_19592890.jpg

タイオガパスを出たところにあるお店ではお土産や食料、
キャンプ用品や釣りのルアーなど、車のオイルやちょっとした
メンテナンス用品等いろいろおいてあるんだけどビールの種類が
なかなか凄い、訪れた町ではスーパーや酒屋めぐりは欠かさない方だけど
見たことが無いビールが沢山ありました、全部買って来たかったよ・・・。
[PR]
by ezlivin | 2008-01-27 19:43 | going to California

エル・キャピタン

e0091807_1937171.jpg

ハーフドームもそうだけど独り旅だったら歩いて登ってたな。
トレッキングコースは約14km、てっぺんの標高2307m、標高差1100m。
テント持って行かなきゃな、できればワインも・・・。

それにしても、デカイなぁ・・・。
て、えっ?
e0091807_19424486.jpg

写真中央に赤い点が見えるでしょうか?
どうやらロッククライマーがここで怪我して動けなくなったようです。
レスキュー隊が30人程と公園内のお巡りさん、
ヘリコプターにさらには報道関係者達も来ていました。
e0091807_19535793.jpg

e0091807_19541224.jpg

ヨセミテフォールから降りてきて帰る途中にこの現場に出くわしました。
当然ここいらで遊んでいた連中はみんな大騒ぎ。
2時間ほど眺めていたけどあんまり状況進展しなかったので帰りました。
その後どうなったかは未確認、ははは・・・。
[PR]
by ezlivin | 2008-01-26 19:50 | going to California

ヨセミテ国立公園 その2

グレイシアーポイントって所から眺めたハーフドーム(右奥)。
e0091807_17592094.jpg

グレイシアーポイントで標高2332m、ハーフドーム頂上は2695m。
ハーフドーム頂上までトレッキングコーススタート地点から約12km、
その標高差1460m、年に何人か滑落事故で死んでるらしいよ。
次回来る時まで嫁を特訓して登ってみたいけどね~。

ヨセミテといえばヨセミテフォール、北米最大の落差を誇る滝!
のはずなんだけど完全に干上がっていました。‐‐;
写真真ん中辺りに水が流れていた後があるのが判るでしょうか?
e0091807_1855780.jpg

滝の上に行く高低差700メートル強、往復で10KM位のトレッキングコース
があるので登ってみたけど、こ~んな感じだったもので
9割がた登ったところでもうどうでもよくなって帰ってきました。

エルキャピタンて世界最大の一枚岩の花崗岩?を見上げている俺。
e0091807_18155518.jpg

後ろの岩も凄いんだけどこの時ばかりはエルキャピタンに釘付けでした
訳は次回。
[PR]
by ezlivin | 2008-01-24 18:18 | going to California

レポート "レーシックで視力回復"

日曜日に手術受けてきました。
9時少し前病院到着して、も一度簡単な検査を受けて
麻酔と多分瞳孔を開く為の目薬等幾つかを点されて待機。
今日手術を受けるのは5人、俺は4番目。
順番が来て手術台に乗り、瞼を開く装具をされます、拷問器具みたい。(爆)
その後眼球に角膜にフラップ作る為のレーザーの機械をセットされました。
この機械で先ずは角膜を薄~くスライスするそうです。
この作業を5人順番に全員に施します、流れ作業ですね。
その後また順番に別の手術台に乗って本番の角膜屈折矯正術になります。
また例の拷問器具を装着してからレーザーの機械をセット。
先ほど作った角膜のフラップをペロッっと捲り上げて
『点滅する赤い光をぼんやり見ていてください』と言われるんだけど
そのすぐ上にもう一つ別の光が点滅する度にそちらに目が行ってしまい
注意されること数回、だって反応しちまうだもんよ・・・。
レーザー照射時間は左右共に10秒、元の視力によって増減がある様子。
で、フラップを元に戻して終了、あっという間に終わり。
術自体は特に痛みは無かったけど例の拷問器具とレーザー機械装着時に
若干の痛みがあった、これはどうやら俺が麻酔の効きが悪い為らしい。
嫁さんが一ヶ月前に同じ手術を受けたときは全然痛くなかったそうです。
さて、術を受けてから3時間ほど待合室で目を閉じて待機。
途中看護士さんが何度も目薬を点しに来ます。
その時目を開けるんだけど(当たり前)、これが非常に眩しい。
術前の瞳孔を開く為の薬のせいなんだろうけど、目を開けるのが辛い。
その後いったん病院を出て3時半に戻って来いという。
この時点で結構視力出てるのは感じるけどまだ眩しいんだよね。
とりあえずメシ食って時間を潰して病院に戻る。
診察してもらって1週間後の検診の時間を決めて終了でした。
写真は上から術後当日外に出るときに使うよう言われたゴーグル、
暫くの間(少なくとも半年と言われた)近くを見るときに使う遠視鏡。
これをしないと新たに近視が出る確率が高くなるらしい。
最後は3時間おきに点けなきゃいけない目薬(明日以降は回数が減る)
e0091807_19524285.jpg

下は術を受けた夜寝るときに目に貼れと言われたプラスチックの保護具

e0091807_202950100.jpg
さて、肝心の視力はというと・・・。
朝起きて保護具を剥がすと壁に掛けてある時計がはっきり見える。
昨日感じてた目の中の異物感もすっかり消えてる。
ドクターに言われていた通り若干遠視状態で近くがちょっとピントが
合わせ辛いけれどもう全然バッチリよく見え~る!
すごいなぁ。(笑)
ちなみにお値段28万円、院長の指名料は20万円だそうです。
お安い方でお願いしました。(笑)
[PR]
by ezlivin | 2008-01-21 20:00

どこ食い イン マリポサ

この村は15分も歩けば端から端までいけるところだけど、
それでもスポーツパブが2軒あってビールも飲めるし、
イタリアンの Salvador's とアメリカンダイナーの RedFox
というレストランではそこそこ美味しいモノがでてきました。
どちらもお店の人の感じがとても好くて楽しい時間を過ごしたよ。
写真はSalvador's の裏手のテラス席と地元ワインのCain Cuvee。
こうやって書いててもまた行きたくなっちゃったよ。
e0091807_038542.jpg

e0091807_0381583.jpg

さて、明日は例の『レーシック手術』を受けてきます。
目の調子がしっかりするまでこのブログはお休みしますが
近いうちに再開してこの手術の結果報告する予定です。
[PR]
by ezlivin | 2008-01-19 00:36 | going to California

ヨセミテ国立公園

実はここには2003年の10月の末に一度来たことがあるんだ。
だけどその時はLAXに到着予定の飛行機が山火事の影響で
サンフランシスコに到着した為に仕方なくそこから車でアリゾナに
向かって爆走途中に通過して一泊しただけ、
という今考えるととんでもなく勿体無い事をしたんだ。
そんな訳で今回是非ゆっくり見て回りたかったところだった。
e0091807_1924547.jpg

写真はヨセミテ公園の南ゲート側にあるWAWONAホテル
1879年から営業しているんだってさ!とても人気があって
予約取るのは大変な様だけど次は是非ここに泊まってみたいな。

ヨセミテ公園のエントリーフィーは車一台$20で7日間出入り自由。
一日目は南ゲート外のオークハーストという町に泊まりその後西ゲート外の
マリポサという所に移動した。オークハーストの方が商業施設が多いので
公園入りする前の買出しにはよさそうだけどマリポサの方が好かった。
写真はマリポサで泊まったトコ、小さいモーテルだけど居心地は良好。
e0091807_19335497.jpg

満天の星空、銀河まではっきり見えるほど!
e0091807_19465041.jpg

嫁さん頑張って写真撮ったけどこれが限界だったみたい。
一眼レフでもあればも少し良いのかな?
この旅行の写真は殆ど全て嫁撮影です。
[PR]
by ezlivin | 2008-01-18 19:49 | going to California