カテゴリ:バリ島旅行記( 8 )

230?みっけた


e0091807_18532778.jpg
これ、日産セドリック(230)だよな・・・。
件の早朝サイクリングの途中で見つけて、
ホテルに戻った後、一人で歩いて戻って撮影してきました。
外国で古いメイドインジャパンを見つけると妙に嬉しいものです。
遠い異国の地で、ごくろうさまでした。

つか、誰か日本に持ってきてレストアしてくれないかな?
なんてね・・・。

コンラッドホテルでもう一つ発見。
e0091807_18533916.jpg

ドイツの地ビール ERDINGER
Wheat Beer、所謂上面発酵の白ビールってやつでしょうか、
とってもフルーティで美味しくて、こればっかり呑んでました。
しかし嫁さんは『すぐ腹いっぱいになる』と言ってましたけど・・・。
彼女はここのモヒートが気に入った様子、ライムたっぷり。
グラスに注いで少し残ったビールは、ボトルを横に倒してゴロゴロ転がして
泡を立てて注ぎ足すと良いそうです。

ビールといえばスコットランドのゴールデンプロミス。
今はもう手に入らないのかな・・・。
[PR]
by ezlivin | 2007-12-17 18:40 | バリ島旅行記

MENEGAは元気でした。

2年ぶりのバリ島、そして2年前にテロの爆心地となったMENEGA CAFE。
このブログの初めての書き込みもそのことでした。
そんな訳で、今回もここを訪れずにはいられませんでした。
e0091807_1848489.jpg

店はこの通り綺麗に建て直されていました。
前回車の押しがけを手伝ってくれたカトウ君も元気に働いていました。
しかしあの事件のことを聞くと足に受けた無数の傷跡を見せてくれて
『こんなことはもう2度とご免だ。』
と、当時のことを言葉少なに語ってくれました。

今回はヌサドゥアのコンラッドホテルに滞在しました。
ここも前回のリッツカールトンに劣らぬ豪華ホテル。
e0091807_1849536.jpg

ホテルアクティビティの早朝サイクリングが楽しかったので
2度参加しましたが、あまり人気が無いのか
ヌサドゥアの岬に行くコースは私達二人の貸切でした。
ところがこの岬がとっても景色が良くてちょっと得した気分でした。
案内役のお兄さんがマッチョでフレンドリーな楽しい方でした。

e0091807_1922599.jpgMENEGAのカトゥ君と俺。
[PR]
by ezlivin | 2007-12-17 00:54 | バリ島旅行記

ウルワツにて

美しいサンセットが観光客に人気のウルワツ寺院に行ってきました。
前日にメネガカフェで晩御飯を食べた帰り、レンタカー(スズキのジムニー、現地名カタナ)のバッテリーケーブルが断線してエンジンが掛からなくなるというアクシデントに見舞われ、ちょっと不安もありましたがホテルから小一時間ほどドライブしてちょうど夕暮れ時に到着。
e0091807_1432857.jpg

絶景かな、絶景かな。

ウチの嫁さんコイツ等の写真を取るのに夢中になっていた隙に別の猿に背後からメガネを取られてしまいました。その技のキレたるや見事なもの。ほんの一瞬のうちに彼女の顔には一つも触れずメガネだけを取っていきました。しかし、入場する前に『メガネを猿に取られないように注意して』と何度も聞かされていたのに。(苦笑)
e0091807_1414334.jpg

泥棒猿はふてぶてしくも獲物を手に妻の前にどっかと腰を下ろしてこちらを伺っている様子です。返してよ、とばかりに妻がメガネに手を伸ばそうとすると鋭い歯をむき出して威嚇します。そこへやってきたのがこのオッサン、手に持っていたバナナをポイッとその猿の前に転がし猿がそれを取りに行った隙にメガネを掴みました。う~ん、こちらも見事。
e0091807_14244966.jpg

さて、今度は話が出来る相手なので交渉です。結局10万ルピー(約1100円)で交渉成立、金を受け取ったおっちゃんはそそくさと何処かへいってしまいました。やっぱ猿とのコンビプレーなのでしょうか?

それにしてもおっちゃんのTシャツが気になりますね。
[PR]
by ezlivin | 2005-10-27 14:50 | バリ島旅行記

ドコ食い、2

旅行は独り旅が基本で、自慢じゃないが女連れでこんなに長い旅行をした経験なんて無し。そんな私が今回一番ツレのいる旅ってのを意識したのが食事時。当たり前のことなんだけどいつも同じ相手と食事をするんだよねぇ。
普段は何処へ行っても現地の人間に混じって同じものを食う事が多い私ですが今回ばかりは嫁さんが何を食べたいか、食べれるか、を考えました。バリ料理は辛くないものでも結構スパイスが効いているものが多いので胃の弱い人は注意が必要みたい。

嫁のリクエストでアンティーク家具や雑貨を見にセミニャック~クロボカン辺りに行ってきました。友人の話や本で見て最近の人気スポットとは聞いていましたが凄い人通りで昔の姿が思い出せないくらい。ガドガドって昔はディスコだったのが今はレストランに変わってるらしい、確かバンジージャンプ台があったトコ、あれ?それはダブルシックスだったっけか?

この辺りじゃ老舗のワリサンで家具を見た後、奥にあるフレンチレストランで昼食。ライステラスが目の前に広がるテーブル席は『あずましい』って言葉がぴったり。日替わり料理も豊富なようなので毎日でも来たい感じ。

e0091807_12483667.jpg


老舗ホテルオベロイに続く通称オベロイ通りは各国料理のお洒落なレストランが立ち並び人であふれかえっていました。HU’U(フーウー)というレストランに夕食を食べに行きましたがここは大きなバーカウンターと大きなプール脇にある小上がり席?がとても印象的です。

e0091807_12165368.jpg


日本人客でしょうか?浴衣姿のカップルがいました。
ここは面白いネーミングの料理が多くメニューを見るのも楽しいですし、味と値段と雰囲気のバランスもなかなかではないでしょうか、従業員の立ち振る舞いもグッド。

今回の最後は、ジンバラン地区に話を戻して前回少しだけ触れたPJ's。
ここはフォーシーズンズ・ホテルのレストランなんだけど通りに面してホテルとは別に入り口があって滞在客じゃなくても入りやすくなっています。ホテルのプライベートビーチに設けられたテーブルはとても居心地がよく、向こう岸に見えるジンバランカフェの店々の無数のテーブルランプの明かりがとてもいい感じです。肝心の料理の味は流石フォーシーズンズってとこ。リッツのサミサミを優等生的なホテル料理と例えるならPJ'sは結構パンチの効いた味と言えるのではないでしょうか。ここではハッテンワインのシャンパンを頼みましたが「もうひとつ」と言うのが素直な感想、ハッテンならロゼがお勧めです。
[PR]
by ezlivin | 2005-10-20 12:44 | バリ島旅行記

メイド イン バリ、ハッテン ワイン

ハッテン ワイン って知ってますか?正真正銘 メイド イン バリ のワインです。
多分日本じゃほとんど流通していないと思うんですけど。
私は最初、メイド イン バリ のワインと聞いても全然期待していなかったんですが、リッツ・カールトンのイタリアンレストラン ”サミサミ” のワインリストにその名前を見つけてバイ・ザ・グラスもやっていたので、「じゃぁ、試しに」って飲んでみたら 「あれっ、いけるじゃんこれ。」って、二人して声出しちゃったんですよ。確かにボディはないんだけど、なんて言うか、可愛らしい味と言うか、バリの暑い気候に相まってスルスルっと入っていく味。
以降何処へ行っても「ハッテン ワイン プリーズ」(笑)

e0091807_10493714.jpg


バリ島行った人は分かると思うけど、最初のうちはビンタンとかバリハイビールも美味しいんだけどなんだか飽きてくるって言うか、もうビールは勘弁してー!ってなりません?「次何呑もうか?」って話になって、ワインに行きたいなぁと思ってもこっちは輸入物はエライ高いんだよね。でもこれでもう大丈夫。

話を聞くとクタにセラーがあるって言うので行ってきました、店内は結構お洒落でいい感じ。 白と赤はどちらも二種類づつあったかな?悪くないけど私達的にはサミサミで飲んだロゼの方が良い感じ。シャンペンもあって前日にPJ'sってレストランで飲んでいたんだけどこっちももう一頑張り欲しいって感じです。
ケッチい私は「冷静に考えて、これを日本で美味しく飲めるかなぁ。」なんて思いつつ店内を見回すと可愛らしいボトルを発見、早速試飲させてもらうと嫁さん開口一番「うわぁ、こういう甘~いシェリー呑みたかったんだよ。」だって。
お土産一号決定です。

e0091807_10524110.jpg


勢い余ってワインクーラーも買ってきました。綺麗な紫色とちょいとチープな感じが良いな、と。

e0091807_105522.jpg


お店の場所はジンバランからだと、ングラ・ライ・バイパスを北上してクタのDFS、ギャラリア・バリの所のロータリーをサヌールに向かって抜けたら直ぐ左の建物の一階にあります、小さいお店なので一度は見逃してしまいましたが戻ったら直ぐに看板が目に入りました。
[PR]
by ezlivin | 2005-10-12 11:04 | バリ島旅行記

どこ行っても考えるのは食い物の事

ジンバランカフェでは水槽の中の好きな魚介類を選んで量ってもらいます、通常はこの時値段交渉したりするのですが今回のMENEGA CAFE ではその必要の無い値段でした。この辺りは以前は結構ボッタクリが多かったんだけどね。さて、海老、蟹、蛤、ロブスター、何か判んないけど不細工な魚、どこのお店も品揃えは似たようなもん。しかし私達は一番賑わっていたMENEGA CAFE に入りました。クタのナイトマーケットなんかでも同じだけど、こういった食堂街じゃ一番客の入っている所に入るのが鉄則。回転が速い分食材が新鮮だと考えられるからです。
さて、後は席についてビール飲んで待っていれば。
e0091807_11102615.jpg

こ~んな感じ。
まぁ、ただたんに焼いてるだけなんですけどね、美味いんですよ。
サンバルと呼ばれる薬味を付けて食べてください、嵌まります。
e0091807_11155774.jpg

ここでは4種類のサンバルが小鉢で出てきました。手前左にあるのは食べるとドロッと眠くなるという空心菜。

今回はクタ・ナイトマーケットには行かなかったんだけど最近はどんなかねぇ?
昔私が気に入っていたのはナイトマーケットから見て道路を挟んだ左斜め向かい側の間口の広めのお店でした。

ホテル・リッツカールトンのレストランは町のワルン(食堂)をイメージした”キシック”、ここもシーフードがメインでネタケースから好きなものをチョイスできる仕組み。サイドメニューも豊富でスープがとても美味かったです。ここでは思い切って高級シャンパンのサロンをいただきました。ほんと、やり過ぎ…。
イタリアンの”サミサミ”は一度料理が全体に塩っぱい日がありましたがシェフのお休みの日だったのでしょうか?ここはピザやパンの出来が素晴らしいですね、グリッシーニの塩加減も絶妙でした。
しかし、リッツはどこにいても景色がホントに素晴らしい。

クラブルーム宿泊者が利用できるラウンジでの朝食やスナックで出されるパンもとても美味しく種類も豊富なので私は毎朝がっつり朝食を摂っていました。

さて、長くなったので続きは次回。
[PR]
by ezlivin | 2005-10-09 12:37 | バリ島旅行記

7年ぶりのバリ島は

新婚旅行となりまして、嫁さんは海外旅行経験が少ないという事なのであんましコアなところはキツかろうとマトモなところに泊まってマトモなところで食事して、というかエライ贅沢な旅行してしまいました。これが私の一人旅なら1年は過ごせるな。しかも計画段階じゃどこぞの高級ビラに泊まりたいなんて恐ろしい事言ってたんですが、「バリ島の一般的な建築法じゃ壁スカスカだからヤモリもいっぱい出るし虫に刺されたり大変だよ。」って言ってようやく諦めてもらって決めたのがここ、恐れ多くもリッツカールトン。
e0091807_11581014.jpg

ホテルに入って一番最初に見える景色がこれですよ、でっかいプールの向こうに広がるのはインド洋! くぅ~、温水すら出ないシャワーがようやっと付いている様なロスメンとは訳が違います。
e0091807_1274541.jpg

しかーも、こんなに可愛い子がお出迎え、天国です。

e0091807_12244233.jpg

クラブオーシャンビューというクラスの部屋に泊まったのですが、そこから見える景色も素晴らしく私は一日中ぼーっとしていましたが嫁さんは水彩画なんぞ描いておりました。

バリ島観光のお約束の一つ、ウルワツ寺院のサンセットも見に行きましたが、ここの断崖絶壁に囲まれたこじんまりとしたプライベートビーチでのサンセットの方が満喫出来ました。一番最初の書き込み、”バリ島でテロ、現場MENEGA CAFE”での一番下の写真がそれ。一つ難点は百数十段の階段を降りて行かねばならず、すなわち帰りはそれを上るって事だね。

まぁ、時期が時期ではありますが今後ジンバラン辺りに滞在しようかと計画している人達に少しでも役立てて頂ければと思いますのでバリ島旅行編続きます。
[PR]
by ezlivin | 2005-10-07 12:46 | バリ島旅行記

バリ島でテロ、現場MENEGA CAFE。

「ねぇ、ここって…。」一瞬TVに映った看板を目ざとく見つけたのは妻でした。
「あ、…。」
それっきり私達二人は暫くの間言葉を失い固まっていました。
2ヶ月前私達も新婚旅行で正しくその場所にいたのでした。

e0091807_1336712.jpg


通称、ジンバランカフェと呼ばれるこの一帯はイカンバカール(焼き魚の意)のレストランが十数件も並んでいる場所です。滞在していたホテルのレストランにも飽き、1本道を下りきった場所にあるこの場所なら夜飲んで帰っても道に迷うことも無いだろうと、昼間のうちに目をつけていたMENEGA CAFE。立ち並ぶ他の店の倍ほどの面積を持ったこの店は、やはり夜になって一番の賑わいを見せていました。

「まさかあそこがテロの標的になるなんて。」

e0091807_13364563.jpg


「昼間、ナプキンを畳んでいたあの女の子達は無事でいるのかしら。」
屈託の無い彼女たちの顔が思い浮かびます。

「車を押してくれたカトゥ君達も無事なら良いけど。」
帰りにレンタカーのセルモーターが回らなくなって”押し掛け”を手伝ってくれた彼等。

7年振りになるバリ島に嫁を伴い素晴らしい時を過ごして来たのはついこのあいだ。
その思い出も覚めやらぬうちにまさかこんなことが起きようとは。

e0091807_1337681.jpg

[PR]
by ezlivin | 2005-10-06 12:42 | バリ島旅行記